元気な体作りに必要な酵素はサプリで摂取できる

夫婦

閉経前後を生き生きと

生薬

閉経前後の不快な症状とは

更年期とは閉経前後の約十年のことをいいます。日本人女性は平均すると約50歳で閉経するので、45歳から55歳くらいが更年期の目安となります。女性ホルモンのエストロゲンは閉経が近づくと分泌されにくくなり、ホルモンバランスがくずれてきます。それに伴い様々な不快な症状が出てきます。これを更年期症候群とよびます。更年期の症状としては、のぼせ、ほてり、めまい、頭痛、肩こり、イライラ、気分の落ち込みなど数多くの症状があります。また、エストロゲンの減少により、骨粗しょう症や動脈硬化のリスクも高まります。動脈硬化は脳卒中や狭心症など深刻な病気を引き起こす要因となるため、更年期になってからは特に日頃からの注意が必要です。

穏やかな効き目です

この更年期の様々な症状を和らげるためには漢方薬が有効です。漢方薬は副作用が少なく自然の生薬で出来ています。漢方も昔ながらの煎じるタイプだけでなく、顆粒状のものや錠剤タイプの漢方薬があり、飲みやすくなっています。病院に行って症状に合ったものを処方してもらうほか、ドラッグストアなどでも簡単に手に入ります。漢方で体を温めて、血のめぐりを良くすることにより更年期の不快な症状を和らげてくれます。漢方の効き目は穏やかで、急激に効くものではありません。更年期の症状を和らげる療法としては、他にはホルモン補充療法などが行われます。ホルモン補充療法に抵抗がある人や副作用があって合わなかった人は漢方を試してみる価値があります。